• 自動車専用船業務
  • コンテナ業務
  • 通関業務
  • 輸出検査(一覧)
  • MAF検査代行
  • 会社概要
  • ヤード地図
  • お問い合わせ

サンフェニックス株式会社

東京本社

〒101-0051
東京都千代田区
神田神保町1-54英光ビル1階

MAP

川崎支店

〒210-0869
神奈川県川崎市
川崎区東扇島92番地
川崎港コンテナターミナル
204号室・307号室

MAP

関西支店

〒650-0024
兵庫県神戸市
中央区海岸通6
建隆ビルII 406号

MAP

総合営業窓口

TEL 03-3291-3187
FAX 03-3293-5432

【横浜税関】

通関業許可
川崎 第1066号
保税蔵置許可 第103号

マスコット

【著作権について】
本ウェブサイト内に記載の文言や画像の一部を無断で引用・転載することはご遠慮下さい。
サイト内にて使用しております画像関係は、関係各所より許可を頂いた状態で使用させて頂いております。

コンテナ業務

コンテナ業務

世界に広がるコンテナ輸送網とウィークリー配船を使い計画的に安定した船積みを実現。また、弊社現場作業部隊と千葉柏ヤード・川崎地区15万平米を超える指定ヤードがお客様のビジネス拡大を強力に後押します。堅牢さに定評のあるコンテナへの積み付けは、海上輸送から内陸輸送仕様、徹底した低コスト仕様までお客様のニーズに合わせて幅広く対応いたします。

(取り扱い港)

横浜港(神奈川県) 川崎港(神奈川県) 名古屋港(愛知県) 神戸港(兵庫県) 門司港(福岡県) 博多港 内陸ヤード(千葉県柏市)

車輌船のブッキングから通関、積み込み、B/Lお渡しまでワンストップで対応

お客様の車輌をサンフェニックスの指定ヤードまで陸送して頂き、船積書類を頂ければ 、弊社にてバンプラン作成・コンテナ船手配・輸出通関・コンテナー詰・港までの回送作業を一貫して対応。海貨業者様からの外貨取扱いにも対応いたします。

信頼と高品質のバンニング

バンニング

スタンダードなラッシングから鉄道輸送対応の強化仕様まで幅広く対応致します。
当社では20/40Fコンテナーへ中古車を1~6台までの詰め込み可能です。
20Fでは1~2台、40Fでは1~6台となります。
また、お客様の希望のバンプランにも出来る限り対応させて頂きます。

船積みからB/Lお渡しまでの流れ

SPX(サンフェニックス)指定ヤードへの搬入

ヤード風景

輸出する車輌が決まりましたら、車輌を各港にあるSPX指定ヤードへ輸送手配お願いします。また、搬入前日までに搬入予定日及び車台番号を弊社までご連絡下さい。

弊社担当窓口へ船積み予定の打ち合わせの連絡をお願い致します。

船積み予定が決まりましたら、下記の船積書類を弊社までご送付下さい。

  • 船積指図書(Shipping Instruction)
  • 商業送り状(Invoice)
  • 輸出抹消仮登録証明書または輸出予定届出証明書(有効期限にご注意ください。)

サンフェニックスが車輌搬入の際に車輌の状態、不具合や装備品などをチェックし、在庫リストに登録します。
また、お客様のオーダーに合わせて輸出通関準備、作業手配、コンテナ積みつけの確認を行い、仕上がり本数に合わせて船社へ船積み予約(Booking)を入れます。

輸出通関申告

お客様にご用意いただく商業送り状(Invoice)には車種、車体番号、年式、ガソリン車/ディーゼル車の区別、排気量などを明記する必要がありますので、ご注意ください。

また、室内やトランクルームに標準装備品と仕入書記載貨物以外の物品があると、関税法違反となり、中古車本体の輸出許可も止まる恐れがあります。例えば車にカーステレオを取り付けずに無償で供与するような場合は、CAR STEREO 1PC ¥1,000(No Value) のように送り状に追記します。

本船出港日翌日になりましたら、本船出港日・仕向け先・車輌明細・海上運賃・船積料が記載されました請求書をお客様宛に発行致します。

海貨業者様からの外貨の取扱いも対応いたします。

船積み・出航、船荷証券(B/L)お渡し

船荷証券

弊社より請求書が届きましたら、お支払い手配をお願い致します。
原則として本船出港後7営業日までのお支払いにご協力願います。

お客様からの入金が確認取れ次第、船荷証券(B/L)をお渡し致します。
(同時に輸出申告時にお預かりした輸出抹消仮登録証明書または輸出予定届出証明書、および輸出許可書も返却致します。)

(注)船荷証券は再発行が出来ません。
紛失等なさらないよう慎重な取り扱いをお願い致します。

コンテナ詰めの場合は船会社からガソリン抜き、バッテリーのターミナル外し、エアコンのフロン代替ガス廃棄の証明書を求められることがあります。

リサイクル料金の返還

船積み後、リサイクル料金の返還請求するためには、

  • 「再資源化預託金等の取戻し申請書」
  • 「輸出抹消仮登録証明書」または「輸出予定届出証明書」の写し
  • 「輸出許可書」の写し(車体番号が記載されていること)
  • 「船荷証券」の写し(車体番号が記載されていること)

を添えてJARCに提出してください。
中古車輸出業者は、自動車リサイクルシステムへの登録を行うことでオンラインで手続きを行うことができ、返還手数料も安くなります。

お問合せ

配船スケジュールにない航路やフレート・シッピングチャージ等については、下記営業窓口までお問合せください。

東京本社 総合営業窓口

TEL:03-3291-3187 FAX:03-3293-5432

インターネットでのお問合せはこちら